保育士さんの転職理由で多いのは果たして何なの?

転職理由
この記事は約3分で読めます。

保育士さん、いつもお仕事お疲れ様です。今回は転職理由について、考えてみました。

 

保育士さんの転職理由で多いのは果たして何なの?

保育士さんの転職理由で多いのは果たして何なの?

 

仕事をしていて「もう辞めたい」と思ったことは誰でもありますよね。

それでも辞めないで仕事を続ける方は、そこまで切迫していないか気を使いすぎて辞めることができないなどの事情があるんだと思います。

 

職場で働き続けるのがどうしても耐えられないのであれば、我慢するのは心身によろしくありません。

新天地を見つけるべきです。

 

保育士さんの転職理由の第1位は「人間関係」です。

この仕事に限らず、結局は人間関係に行きつくようです。

 

これについては、どの職場にもウマが合わない人はいると思いますので、必ずしも転職で解消される問題ではありません。

容易に想像できますが、転職先でもあなたと相性の良い人ばかりではないと思いんですよね。

 

人間関係で転職するのも理由になりますが、転職先で何をどうしたいの方が重要ですね。

つまりは【キャリアビジョン】のことです。

 

人間関係を改善するためだけで転職するというのは、実現出来る可能性が高くありません。

スキルアップであるとか、年収アップであるとかの方がよっぽど現実的です。

 

実は退職理由と転職理由は厳密にいうと違うんです。

転職理由は「これからこうありたい」というあなたの未来です。

 

それに対して退職理由は文字通り過去のことなんです。

過去は引きずらないことが大事です。

 

「人間関係で辞める」のであれば、それは言うまでもなく退職理由です。

転職理由を明確にすることが転職成功の秘訣です。

 

退職理由しか固まっていない段階で転職をするのは危険ですので、やめておきましょう。

転職した後にどうするか決まっていないのですから。

 

 

労働環境が厳しい

労働環境が厳しい

 

これは転職による問題解決が望めます。

それにはハローワークよりも、転職先の実情を知っている転職エージェントの利用の方が良いでしょう。

 

給料が安いというのも立派な退職理由です。

ですがこれも転職して「やりたいこと」が明確になっているとスムーズに転職先が決まります。

 

それは目標が明確であるからです。

転職理由が労働条件だけだとちょっと困りますが、希望条件とするには必要な作業です。

 

転職理由と希望条件が明確になったら、自宅の壁にでも貼っておきましょう。

 

 

園の方針に合わない

園の方針に合わない

 

これは微妙です。

経営者と従業員とでは、目線が違うからです。

 

経営者の仕事は、利益を出すことです。

従業員は自らの報酬を少しでも高く得ることを目的としている方が多いです。

 

経営者は如何に経費を節約するかも、重要な課題です。

必要以上に給料の良いところは、安定して園がつぶれないかも確認しましょう。

 

保育士さんの転職理由はやはり人間関係が多いようです。

それは人を相手にする仕事である以上は仕方ないことかもしれません。