保育士の転職方法はいくつあるの?

転職方法
この記事は約2分で読めます。
Sponsored Links

本記事では保育士の転職方法について考えてみましょう。

Sponsored Links

 

 

ハローワーク

ご存じ、ハローワークを使う方法です。

国が運営しているということもあり、安心している方もいるかと思います。

ですが、求人案件を出す側は無料で求人票が出せるので、実際の待遇と違ったというトラブルには事欠きません。

求人案件の良質ともに医療系求人については、特に良くない傾向にあります。

八ローワークでの求人探しは手間ですし、その割にいい案件がないとなると他の方法を考えた方が良いかもしれませんね。

 

転職サイト

多くの転職希望の方はこの転職サイトに登録しています。

転職サイトというのは保育士の転職については転職エージェントと同じことなのです。

あなたに担当のキャリアコンサルタントがつき、転職するまでさまざまなサポートを無料でしてくれるのです。

転職サイトも商売ですから、無料なのはおかしいと思われるかもしれません。

ですが、転職サイトにとってのお客さんは企業です。

企業へ転職者を紹介することで、成功報酬としての利益を得ているのです。

その手数料は例えばある転職サイトを通して、あなたが転職したとすると、見込み年収の3割程度を成功報酬として、転職サイトは企業に請求できるのです。

このような仕組みなので、転職するあなたにとっては、使わないと損するんです。

 

知人の紹介

これは独力で転職する場合、コネを使うことが多いでしょう。

そういった場合は、選択肢が狭く、転職先では紹介してくれた人の手前、気に入らなかったとしても自由に辞めることは、難しいです(経験者は語る)。

なので、あまりおすすめできません。

 

転職方法を挙げてきましたが、いかがでしょうか?

知人の紹介は論外として、ハローワークの方がそれでも良いでしょうか?

転職方法として、こんな方法があるよ、と今のうちは頭に入れておいてくださいね。

転職サイトのメリット、デメリットなどの詳細は後ほど、記事に致します。

 

保育ひろば

データを比較し、1位とさせていただきました。キャリアコンサルタントの対応の早さ、丁寧さにも定評があり数値で測れない部分でもダントツです!

保育士に特化した転職サイトです。求人数が豊富でキャリアコンサルタントの評判も良いので、2位とさせていただきました。

マイナビのような大手が手がけるサービスにはやはり安心感があります。

サポートエリアの面で狭いため、3位とさせていただきました。

非公開求人が多いので、管理職などの高待遇求人も豊富です!

LINEでも気軽にコンサルタントと連絡がとれます。

エリアの面で4位とさせていただきました。

サポートスタッフが女性という特徴があります。

人間関係で退職を考えている方にはおすすめです。

対応エリアの面や情報が少なめのため、5位とさせていただきました。

Sponsored Links

コメント

ニュースレターを購読する

最新の投稿をいち早く、あなたにメールでお知らせします。

タイトルとURLをコピーしました