転職媒体は使い分けが大事

転職方法
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

転職活動で避けて通れないのがそれぞれの転職媒体のメリット・デメリットを理解することです。どの程度媒体を中心に転職活動するのが効率的かを考えてみましょう。

Sponsored Links

転職媒体には3種類ある

 

転職活動で利用する転職媒体の種類としては大きく3つあります。

他にも新聞や雑誌広告などもありますが、主なものとしては下記3種類です。

 

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

 

 

 

この3種類の転職媒体をうまく使い分けるのが転職成功の秘訣です。

そのためには各転職媒体がどんな求人を保有していて、どのような特徴があるのかを理解するのが一番です。

 

 

 

各々の特徴を見ていきましょう。

 

 

ハローワーク

 

ハローワークは厚生労働省が日本の各地に設置している職業安定所のことです。

国民に安定した雇用機会を確保することが目的です。

 

失業保険の給付や職業訓練などはハローワークならではのものです。

公的施設ですので、失業したら必ずお世話になるところでもあります。

 

 

 

出来るだけ多くの方に就職してもらうのがハローワークの目的です。

この目的から保育士求人は数多くは保有していないことがわかります。

 

 

 

あなたが希望する勤務地で検索するとほとんどない方が多いのではないでしょうか?

あったとしてもパートやトライアル雇用、つまりお試し雇用がほとんどで正社員求人は中々見つからないのがハローワークです。

 

ハローワーク求人は幅広い通常の求人を扱うので、資格が必要な特殊なものは少ないのです。

保育士の正社員求人を探すのであれば、別な転職媒体が良いでしょう。

 

ただしご家庭の事情でパートの方が都合が良いのであれば、ハローワークをうまく利用してください。

 

 

 

ハローワークに掲載されている求人は企業は無料で依頼できるので、ブラック企業を見分ける必要があります。

 

ハローワークの職員だけでは求人がブラックかどうかを調べることは不可能ですので、あなた自身が自己責任で応募する必要があります。

ハローワークのデメリットは求人の質にあります。

 

 

 

 

転職サイト

 

転職サイトは求人サイトとも言いますので、求人掲載するサービスだと理解すればいいでしょう。

ハローワークとの違いは民間サービスであるということです。

 

上図のように求人掲載料を企業から徴収していますので、ブラック企業の割合はハローワークに比べるとずっと減ります。

求人への応募方法としてはハローワークと同じ直接応募という方式を採用しています。

 

 

 

あなたが企業に応募書類を送付したり、面接日程の調整や結果を聞いたりする必要があるので、結構面倒くさいです。

あなたがどんどん動けるのであれば転職サイトを使うのでも良いでしょう。

 

 

 

日々の仕事で時間を取れない場合は次にご紹介する転職エージェントを使う方が楽ですし、多くの転職希望者はそれを使っています。

 

 

転職エージェント

 

 

 

転職エージェントは人材紹介サービスとも呼ばれています。

仕組みとしては上図のようなシンプルなもので、あなたがエージェントから求人紹介されて、その企業と雇用契約が成立すると転職エージェントに成功報酬料が企業から支払われます。

 

 

 

このようなビジネスモデルなのであなたはこのサービスを無料で利用することができます。

転職エージェントの特色はあなたに担当アドバイザーがつくことです。

 

 

 

転職成功まで履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策、相手との給与交渉、円満退職のためのアドバイス、転職後のアフターフォローなどの転職支援サービスが受けられます。

求人応募に関してもエージェントがあなたを推薦するので、他の転職媒体と比べると当然内定率は高くなります。

 

 

 

ただし誰にでも求人紹介するわけではないのがデメリットといえます。

また紹介される求人はフルタイムがほとんどです。

 

どんどん求人に応募したい方は転職サイトの方が良いと思います。

納得して良い求人だけ応募していくのであれば転職エージェントが効率的です。

 

 

 

転職エージェントのもう一つの特徴としては、非公開求人を多く保有しているということです。

企業と転職エージェントとは密接な関係にあります。

 

 

 

信頼されている転職エージェントには給料が高く待遇の良い求人が集まる傾向にあります。

それは保育園が良い保育士さんを欲しいからです。

 

良い人に良い環境で働いてもらいたい求人は非公開とされます。

転職エージェントの推薦する人材が優遇される理由です。

 

 

まとめ

 

  • ハローワークは基本的におすすめしない
  • 転職サイトは転職活動に時間がとれる方向き
  • 転職エージェントはアドバイザーに任せられるので、時間がなくても効率よく転職活動できる

 

ご家庭の事情もあるので何とも言えないのですが、総合的にみると転職エージェントを使うのが最も良いと思われます。

 


トップへ戻る

保育ひろば

データを比較し、1位とさせていただきました。キャリアコンサルタントの対応の早さ、丁寧さにも定評があり数値で測れない部分でもダントツです!

保育士に特化した転職サイトです。求人数が豊富でキャリアコンサルタントの評判も良いので、2位とさせていただきました。

マイナビのような大手が手がけるサービスにはやはり安心感があります。

サポートエリアの面で狭いため、3位とさせていただきました。

非公開求人が多いので、管理職などの高待遇求人も豊富です!

LINEでも気軽にコンサルタントと連絡がとれます。

エリアの面で4位とさせていただきました。

サポートスタッフが女性という特徴があります。

人間関係で退職を考えている方にはおすすめです。

対応エリアの面や情報が少なめのため、5位とさせていただきました。

Sponsored Links

ニュースレターを購読する

最新の投稿をいち早く、あなたにメールでお知らせします。

タイトルとURLをコピーしました