転職回数が多い人限定の職務経歴書の書き方をお教えします

履歴書・職務経歴書
この記事は約5分で読めます。

転職回数が多いと書類選考で不利にならないか不安。職務経歴書にはウソは書けないので、どう書けばよいの?できれば転職回数が多いことを目立たなく見せたい。など転職回数が多い場合の職務経歴書の書き方についての悩みを解決します。

転職回数が多い人限定の職務経歴書の書き方をお教えします

転職回数が多い人限定の職務経歴書の書き方をお教えします

 

転職回数が多いと書類選考で不利にならないか不安ですよね。

職務経歴書にはウソは書けないので、どう書けばよいのかお悩みの方も多いはずです。

できれば転職回数が多いことを目立たなく見せたいですものね。

 

本記事では転職回数が多い人限定の職務経歴書の書き方を解説します。

一言で言えば、フォーマットを変えるだけで良いのです。

 

逆に初めての転職の方にはかえって逆効果です。

あくまでも転職回数が多い方が限定となります。

 

これから転職回数が多い人限定の職務経歴書の書き方を解説します。

 

 

キャリア式で職務経歴書を書く

キャリア式で職務経歴書を書く

 

初めての転職や2回目の転職の場合は時系列の「編年体式」で職務経歴書を書くのが王道です。

転職活動における職務経歴書はこの「編年体式」以外は書類選考の通過率が高くありません。

 

しかし転職回数が多くなってくると、時系列での「編年体式」ではボリュームが膨大になります。

王道が通用しなくなってくるんですね。

 

それが転職回数が多い場合、書類選考通過率が低いことに影響しています。

採用担当者への職務経歴書の見せ方次第で、改善はできるんです。

 

時系列にダラダラと書くのは逆効果です。

職務経歴書をできるだけコンパクトに書く方法があれば、転職回数の多さを目立たせないようにできます。

 

通常はおすすめしない書き方なのですが、転職回数の多い方に限って職務ごとに記述していく「キャリア式」を取り入れることで職務経歴書がわかりやすくコンパクトに書けます。

一般的にはキャリア式のデメリットとして、「いつ」「どんな業務をしたか」がわかりにくいという点があります。

 

そのデメリットは転職回数の多い方にとってはメリットになるんです。

キャリア式では「いつ」というのがわかりにくいので、転職回数が多くても抵抗なく読んでもらえるんです。

 

さらに保育士さんであればキャリアは一貫している訳です。

職務が一つであれば転職回数の多さを印象付けてしまう「編年体式」よりもずっと印象は良いと思います。

 

それにこの方式の方が職務経歴書はまとめやすいです。

キャリアごとに実績を書いていけばよいからです。

 

その結果、採用担当者もキャリアが豊富な応募者だという印象を持ちます。

転職回数が多いからというのは殆ど影響なく読んでもらえるといってよいでしょう。

 

 

転職回数は書類選考に影響するのか?

転職回数は書類選考に影響するのか?

 

そもそも転職回数が多いからといって、書類選考に影響するものなのでしょうか?

転職するのが当たり前の現在においては、以前ほど転職回数は書類選考に影響はありません

 

終身雇用制が崩壊し、キャリアアップのため転職するのは当たり前になっています。

転職回数が多いから転職出来ないというのは間違いです。

 

確かなキャリアできちんとスキルアップしていれば問題ないのです。

職務経歴書も勤務先ごとに書く「編年体式」よりはキャリアごとに書く「キャリア式」の方がこれからはスタンダードになるかもしれません。

 

履歴書と違い、職務経歴書はフリーフォーマットです。

あなたの職務経歴が読み手にわかりやすいように書けばよいのです。

 

先ほども書きましたが、転職をすることが当たり前の今では転職回数が多いからという理由だけで書類選考に影響はありません。

ただ「すぐに辞める人なんだ」とか誤解されないためにも出来るだけ転職回数は気にならない「キャリア式」で職務経歴書は書いた方が良いです。

 

話はそれますがブランクがある人の場合も「キャリア式」の職務経歴書は有効です。

キャリア式での職務経歴書はこのように有効ですが、初めての転職の方や転職回数が多くない方は「編年体」での記述をおすすめします。

 

どちらで書いたらいいのか迷う場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

転職エージェントにしっかり添削してもらう

転職エージェントにしっかり添削してもらう

 

職務経歴書は面接と並び、転職活動の肝と呼べるものです。

書類選考を通過しないと面接には呼ばれないので、事実上は職務経歴書が最重要といえます。

 

職務経歴書をあなた一人だけで作成すると、客観的な書類ができません。

主観的な情緒的な内容があってはいけません。

 

職務経歴書はあくまでもあなたの実績を客観的データに基づいて書くべきです。

とても難しい作業ですので、ここは転職エージェントに添削してもらいましょう。

 

保育ひろば 保育ひろば
【保育士バンク】
マイナビ保育士
保育士コンシェル
保育エイド
【スマイルSUPPORT】

 

すべてを使う必要はもちろんありません。

適切な登録数は3社です。

 

これ以上になるとエージェントとのやり取りの管理が難しくなります。

3社以下ではせっかくの転職支援サービスで納得のいくところを見つけることが難しくなります。

 

トップへ戻る