保育士のあなたのための情報提供コンテンツです!

転職理由
この記事は約4分で読めます。

お仕事お疲れさまです。

保育士の転職に関する情報提供をするブログへようこそ!

 

 

当サイトでの転職サイトの定義

 

保育士さんの人手不足が言われて久しいですが、転職市場はいいところばかりではありません。

そんなとき、助けになるのが転職サイトの存在です。

 

保育士の給料改善案について
政府は2017年4月より全職員に対して2%の処遇改善を実施の発表をしています。本記事では、ポイントのみ挙げることにします。

 

上記のように求人を掲載するメディアのことを転職エージェント(転職サイト)と呼びます。

転職エージェントはあなたの転職を支援するアドバイザーが応募書類や面接の練習をサポートします。

 

一番の特徴はあなたに求人を紹介することです。

エージェントはあなたのことを保育園に推薦する形で応募するので、ほかの転職方法に比べると内定率はとても高いです。

 

このように厳密には 転職サイトと転職エージェントとは違います が保育士さんの転職サイトについては転職エージェント一体になっている場合が殆どのため、転職サイトと呼んだり転職エージェントと呼んだりしますが、意味は同じです。

 

転職サイトと転職エージェントとの違いとは? | 転職エージェントは使うな!
転職活動で最もよく使う媒体が求人サイトと人材紹介です。転職サイトと転職エージェントの違いを認識することでトラブルも防げますし、効率的な就活もできます。両者の違いを見ていきましょう。

 

効率よく、そして希望の職場に転職できるように、絶対登録しておきたい保育士転職エージェント5選!を使っていきましょう。

 

 

転職サイトどおしを競い合わせる、ツワモノもいるようです。

上図は転職エージェントのビジネスモデル、つまり、利益が出る仕組みを書いたものです。

 

実にシンプルですね?

あなたが転職に成功すれば転職エージェントは儲かるのです。

 

求職者であるあなたを一生懸命サポートする理由はそこにあります。

なので転職エージェントは上手く利用することが大事です。

言われるままに利用されてはいけません。

 

どういうことかというと転職エージェントは年収が高いほど儲かるので、あなたの年収アップには一生懸命になるんです。

あなたが望まない求人に無理矢理押し込むエージェントもいます。

 

そこだけは注意しましょう。

 

複数エージェントに同じ求人に応募はできませんので、違う求人に応募してA社よりもB社の方の年収が高い場合は、その事実をA社に言って年収をあげてもらうことです。

この使い方はよほど慣れた人でないと転職エージェントと揉める原因にもなります。

おすすめできない手法です。

 

そこまでしないまでも、希望条件は通すべきですね。

あなたが転職する際に検討すべきことは、順不同となり済みませんが、記事として充実させていきたいと思います。

 

 

カテゴリー構成

以下のカテゴリーで記事を書いていく予定です。

なにぶん、マイペースになりすみませんがたまに読んで頂けると幸いです。

メルマガに登録頂けると、記事更新時に連絡されますのでご検討下さいませ。

・転職市場

・転職理由

・履歴書・職務経歴書

・応募

・面接テクニック

・内定

・退職

・転職エージェント

 

それと同時におすすめの転職サイトのレビュー記事も掲載していきます。

 

 

転職で大事なことは何でしょうか?

転職で最も重要なことは何でしょうか?

 

それは転職の目的です。

転職理由とも言います。

 

退職理由と混同しやすいのですが。

面接では必ず質問されることです。

 

中には退職理由を面接で答える方がいらっしゃいます。

面接官は退職理由は聞きたがっていません。

 

退職理由は保育園を辞める理由でほとんどがネガティブなものです。

それに対して転職理由はこれからあなたが何をどうしたいかということです。

 

あなたにとっての未来予想図です。

もちろんポジティブなものになるはずです。

 

転職理由には正解はありません。

一人一人の転職する動機、事情が異なるのです。

 

常に転職理由を自問自答しながら転職活動をするとうまくいきます。

「私は何のために転職するのだろう?」と。

 

この答えを明確に見つけるようにしましょう。

出来るだけ早めに見つけましょう。

 

そうするとあなたが進みたい道、進むべき方向性が決まってきます。

そうなって初めてどんな条件の求人に応募すべきかが明確になるんです。

 

止まない雨はありません。

転職活動にもゴールがあるはずです。

 

そこを常に見据えながら転職エージェントを使いましょう。

転職の方向性はブレてはいけないものです。

 

転職活動でしっかりと明確にしてから応募書類を作成すると効率的にうまくいきます。